ラジオフチューズ87.4

スポラディックE層(通称Eスポ)による受信障害につきまして

2019年06月15日

スポラディックE層(通称Eスポ)による受信障害につきまして

 春から夏にかけて、通称Eスポとよばれる電離層が上空100kmあたりに発生することがあります。このEスポが原因となってふだんちゃんと聴こえているFM放送に雑音が交じったり、他の放送局と混信するなどの受信障害が起こることがあります。受信障害の程度は、Eスポの発生状況により変化します。

 Eスポが発生すると、ふだんは宇宙空間にまで突き抜けて行く上方向へのFM放送電波がEスポに反射して地上にはねかえってきます。そのため、例えば府中市から1000km以上も離れたような場所でラジオフチューズの電波が受信されることもあります。逆にはるか遠くの87.4MHzのFM放送波が府中市まで飛んできて、その結果ラジオフチューズの放送に混信して雑音交じりになってしまう、というわけです。

 Eスポによる受信障害を改善する対策は、ありません。FM放送用の受信アンテナを設置して送信所(東京外国語大学屋上)に正確に向けることで多少の改善はできるかもしれませんが、そもそもラジオフチューズなどのコミュニティFM局は出力が弱い(一般大手局の1000分の1程度)ため、Eスポによる受信障害を受けやすいのです。「受信障害が発生したな」というときは、リスラジなどのインターネット放送でラジオフチューズをお聴きくださるようお願いいたします。

ラジオフチューズ87.4